後々まで健康な歯を残すには何が大事?歯の健康についてまとめました

歯を失ったまま放置をすると最悪、命の危険も

何年か前に「人は見た目が9割」という本がヒットし、その言葉が話題になりましたが、確かにそれも一理ある気がしますよね。もちろん外見だけでなく中身はとても大事ですが、それほど深い付き合いがなく、軽い関係性の人からだと外見で判断される割合は大きいと思います。
そしておそらく普通に社会生活を送っているとプライベートでも親しくしているような深い関係性の友人たちより、仕事上だけの関係だったり、挨拶だけする関係だったりする人の数のほうが圧倒的に多いでしょう。
そんなとても大切な見た目、第一印象を決定づける要素として歯が大いに関係しているということをご存知でしょうか。
ある日本の企業が2000人以上の20代から40代の男女に行ったアンケート調査によると人の第一印象を決める要素として9割近くの人が口元、歯並びなどを挙げたそうです。
人が出会った時の第一印象についての研究、実験などは今まで世界中で行われてきましたが、どれも同じような結果が出ていて、人の見た目に歯が大きく影響していることは確かなようです。
そんな人の印象を決めてしまうくらい大事な歯ですが、実は日本人は歯の健康を保つのがあまり上手ではないと言われています。それについての細かなデータなどは後々紹介したいと思いますが、それだけ日本人の誰もが歯の重要性を頭では分かってはいても、あまり歯を守るための努力を実行できていないということかもしれません。
そこでこのサイトでは、どうすれば年齢を重ねても健康な歯を保つことができるのかなどについてまとめていこうと思います。

歯が第一印象に大きく左右する

歯を失うことの問題点は、外見や人に与える印象が悪くなってしまうということがありますが、実はそれだけではありません。歯を失うことによって様々な健康リスクをもたらす可能性があることが、近年の研究結果で次々と明らかになってきているそうです。中には命に関わる重大なリスクも存在します。

日本人の残存歯数はなぜ少ないのか?

最初のページで日本人は歯の健康を保つのがあまり得意ではないということに少し触れましたが、なぜ、そのように言われるようになったのかには、明確なデータがでているからです。これから日本と海外の国々の歯の健康状況を比較しながら、なぜそのようなことになっているかの理由についても紹介していこうと思います。

自分自身でできる工夫と定期検診の重要性について

これまで歯を失うことの様々なリスクや海外との比較データなどを紹介してきましたが、では具体的に一本でも自前の歯を残すにはどのようにすればよいのでしょうか。 ここでは最後のまとめとして自分自身でできる工夫の仕方や定期的な歯科検診の重要性などについて紹介して終わりたいと思います。